3歳までに始める英才教育について

頭のいい子供に育てたいというのは、親なら誰でも持つ希望なのではないでしょうか。頭がよければ、いい大学に入り、いい企業に入り、よい生活が送れる可能性が高まります。また、現在はいい企業に入っても将来安泰というわけではありませんが、もともとの頭のよさがあれば、その後の人生を自ら切り開けることにもつながります。優秀な人間は、親が優秀であることが条件なのでしょうか?

専門家によると、頭のよさは先天的なものから50%、後天的なものから50%ぐらいの割合だということをいっています。つまり、教育しだいでどうにかなる可能性は非常に高いということです。親は子供の幸せを願うために、なるべくよい条件の教育環境を整えてあげたいと考えます。一流大学に入ったからといって、裕福で幸せな人生が必ず送れるというわけではありませんが、少なくとも可能性の面では有利になります。


英才教育というと、国内のものではかなりの高額な授業料がかかるものも多いです。そのような授業システムの教材を利用する方法もひとつの手ですが、必ずそれをしなければ英才教育ができないというわけではありません。日常生活の中で少し子供と向き合ってあげる時間を増やすだけでも、十分英才教育にはつながるのです。英才教育を始めるには、3歳までに始めるのがよいと一般的には言われています。3歳以降になると遅くなってしまうようですので、なるべく早いうちから始めましょう。

絵本の読み聞かせを行いましょう

絵本の読み聞かせは、子供が小さいうちから行っている家庭も多いでしょう。絵本を読むのは、寝かしつけのためにという人も多いかもしれませんが、教育のためには1日あたり15冊から20冊がよいとされています。大変だと思うかもしれませんが、小さい子供向けの絵本は、ページも文字数も少ないために、あっという間に読めてしまうかと思います。絵本を読む時には、ひざの上にだっこしてあげたりしましょう。リラックスしながら寝転んだりしていてもかまいません。ゆっくりとした口調で、擬音語や動物の鳴き声などはなるべくリアルに表現します。絵本の読み聞かせは、子供が世界を知るための扉の役割をしています。人間、誰でも知らないものを知る時には、不安と緊張があります。誰よりも赤ちゃんが信頼を寄せている親が絵本を読んであげることで、世界のことを安心しながら学んでいける道具なのです。絵本の読み聞かせで、子供の言葉数が増え、脳が刺激され、いろいろなことが知りたいという探究心を刺激してあげることができるのです。

自然と触れ合う時間をたくさん作りましょう

休日に子供と出かける場所は、どのように選んでいますか?子供は、遊園地が好きです。遊園地ももちろん連れて行ってあげることは、いいことです。しかし、せっかく出かけるなら、子供が自然と触れ合える場所を選ぶように心がけましょう。日本には四季があり、毎月見ごろの草花も違います。空の雲の流れも違います。そういったことを自然が豊かな山や川、海などに連れて行ってあげることで、子供は実体験の中から自然の豊かさを学ぶことになります。親も自然の中にいるほうが、リラックスできることでしょう。自然を観察し、疑問を持ったことを調べる力なども身につけられます。

ブロックや積み木で遊ばせるようにしましょう

今は子供向けのおもちゃがたくさん出ていますね。しかし、昔からある積み木やブロックは、遊びながらいろいろなものが吸収できるとてもよいおもちゃなのです。ブロックを与えると、子供はブロックの形を確かめるために、指先を使ったり口に入れたりします。指先を必ず使うおもちゃですので、脳の発達にはかなりの効果が期待できるのです。そして、ブロックを使いながら様々な形を形成することで、空間認知能力や立体感覚を伸ばすことが可能になるのです。