小さい頃の教育は大切です

小さい子供には、ぜひ、音楽をやらせるべきだと考えています。定番は、ピアノですよね。ピアノは両手を使うので、知能の活性化に有効です。さらに、右手と左手の動きが違うい、リズムも少し右手と左手のずれがある曲があったりして、頭を使います。しかし、ピアノを習うにもピアノを購入しなくてはならないですよね。電子ピアノという手もありますが、できれば、アップライトピアノはおうちにおいてあげたいものです。

今、アップライトピアノを購入するとなると、たいへん高額ですよね。そこで、ご紹介したいのが、ピアノレンタルです。この方法は、大変、良いもので、うちでもピアノをレンタルしています。もちろん、新品ではありませんが、この中古のピアノ、古いのがよりよいのです。どういうことかというと、古いピアノは日本製だということです。そして、新しいピアノは中国製なのです。日本の細かい技術の結晶である、ピアノ。たいへん音色もよく、鍵盤のタッチがソフトです。つまり、ひきやすいのです。ピアノをレンタルするまで、私はこの事実に気づきませんでした。レンタルしてみて、この方法の良さに気付いたのです。ピアノの搬入と搬出には合計4万円がかかります。でも、買ってもこのくらいはかかるはずです。さらに、1年に1度のメンテナンス、調律がついています。さらに、お得感があります。月々のレンタル料も格安です。ピアノを無理して買うよりも、習いだしの初めのころは、レンタルがいいです。これで、簡単にピアノを習えますし、会わなかったら、おかえしすることもできるのです。


また、スイミングもたくさんのお子様たちが、されている習い事です。手足が長くなるようです。私も、習わせたかったのですが、引っ越しが多く、レッスンの順番待ちがあり、結局習わせることができませんでした。体の強くなるのでしょうか。たくさんの小学生の方が習われています。また、手足の長くなるスポーツに、バレーがあります。こちらも、女の子の身のこなしがきれいになり、おすすめです。ただし、お金のあるご家庭でしか、できにくいようです。うちは、鼻から考えていませんでした。とにかく、費用が高いという印象がありチャレンジに行くこともありませんでした。近所に、バレーを習っているお嬢様がいますが、確かに、手足が長かったです。


最後に、子供に習わせたいのは英語です。英語はこれから、必要になること間違いなしです。オリンピックもあり、海外からのお客様の対応が、ボランティアという形でも、子供たちの身近になるからです。日本全国、少ない多いにかかわらず、外国からのお客様は多くなります。英語は必ず必要です。フランス語もかじっていたら、もっと、幅が膨らむかもしれません。子供たちの未来は明るいのです。英語教室も通えることなら、通わせてあげたいです。音楽教育とも密接に結びついていて、リズム感がよくなるそうです。

導入は、外国の先生から、歌たり踊ったりと楽しさを教えてもらって、NHKの基礎英語を始められるのがベストです。基礎英語は無料です。インターネットから視聴でき、大昔のように録音というアナログな作業をしなくてもすみます。非常に簡単にできるようになりました。基礎英語も1,2,3とあるので、教材に困るということはありません。さらに、お話も小さい子でもわかりやすいような内容に変えてきています。魔法の国のお話だったり、動物の国のお話だったりするのです。昔とは大違いになりました。子供が興味を持ちやすいです。都会に住んでいると、外国の方は身近です。日本の方よりも外国の方とすれ違うことの方が多くなることもあります。そんなとき、親切に協力するマナーをもって、接していきたいものです。小さいころから、マナーも語学も堪能になれば、オリンピック以後も日本の景気は拡大していくでしょう。小さい頃の教育は大切です。学校で、苦労しているお友達に協力してあげる力もできます。