幼児教育では何をすれば良い?

最近の流行りと言っても過言ではない6歳児以下の幼児教育ですが、いきなりピアノやらを習わせたり、あるいは英会話を習わせるというのはかなり早いです。幼児教育における順序というものが、実は存在しているのです。

続きを読む

3歳までに始める英才教育について

頭のいい子供に育てたいというのは、親なら誰でも持つ希望なのではないでしょうか。頭がよければ、いい大学に入り、いい企業に入り、よい生活が送れる可能性が高まります。また、現在はいい企業に入っても将来安泰というわけではありませんが、もともとの頭のよさがあれば、その後の人生を自ら切り開けることにもつながります。優秀な人間は、親が優秀であることが条件なのでしょうか?

続きを読む

本に触れることが一番!

お子さんに読書をさせていますか?辞書引きはさせていますか?最近はなんでもパソコン調べる時代なので調べる苦労というものを子供はわかっていません。しかし一番基本的なことなのですが本に触れさせることが一番の英才教育なのです。塾や家庭教師などをつけても国語の成績があがらない、算数の問題の意味を理解できないお子さんいませんか?それは読解力の力不足からきているのかもしれません。読解力というのは簡単に身につくものではありません。時間はかかります。だからこそはやめのうちに本にふれさせ想像力をつけ読解力につなげるのです。塾や家庭教師という枠にはまらず本を読むだけなので子供からみても精神的に不安はありません。

続きを読む

小さい頃の教育は大切です

小さい子供には、ぜひ、音楽をやらせるべきだと考えています。定番は、ピアノですよね。ピアノは両手を使うので、知能の活性化に有効です。さらに、右手と左手の動きが違うい、リズムも少し右手と左手のずれがある曲があったりして、頭を使います。しかし、ピアノを習うにもピアノを購入しなくてはならないですよね。電子ピアノという手もありますが、できれば、アップライトピアノはおうちにおいてあげたいものです。

続きを読む