ヨーロッパの教育課程に見る生き方の多様性

現在日本では生きる力をテーマとした教育課程が計画され、実施されています。しかし自殺率は一向に減ることはなく、日本特有の総中流家庭と言われる社会体系により、自らの生き方に絶望し、ひきこもりや自暴自棄にのすえ死を選ぶ不幸な出来事が相次いでいます。そしてそれは私たちの身近に迫った問題だということを忘れてはなりません。

続きを読む

幼児教育では何をすれば良い?

最近の流行りと言っても過言ではない6歳児以下の幼児教育ですが、いきなりピアノやらを習わせたり、あるいは英会話を習わせるというのはかなり早いです。幼児教育における順序というものが、実は存在しているのです。

続きを読む

小学校の私学教育には補助制度がありません

少子化が進むとともに子供一人一人に対する教育費の額が上がってきました。 その結果、私学教育を念頭に置く保護者が増えつつあるのです。 私学教育の中には幼稚園・小学校・中学校・高等学校・大学などがありますが、その中でも最も変化が現れているのが小学校です。 幼稚園の時から進学塾に通い、小学校受験に臨むという人が増えてきているのです。

続きを読む

ひらめきをずっともてる子に

幼稚園のころからお受験などを考えている親は、ひらがなやカタカナ・数字を読めるようにしたり書けるようにして満足を得ようとします。それは親の満足であり子供にとってはどうなのでしょうか?ひらがなやカタカナ・数字に関しては小学校1年生で教えてくれます。それを親が幼稚園のときに教えても子供にとっては新鮮味もなく幼いころ親に刷り込みをされたものにしかすぎません。

続きを読む

3歳までに始める英才教育について

頭のいい子供に育てたいというのは、親なら誰でも持つ希望なのではないでしょうか。頭がよければ、いい大学に入り、いい企業に入り、よい生活が送れる可能性が高まります。また、現在はいい企業に入っても将来安泰というわけではありませんが、もともとの頭のよさがあれば、その後の人生を自ら切り開けることにもつながります。優秀な人間は、親が優秀であることが条件なのでしょうか?

続きを読む

本に触れることが一番!

お子さんに読書をさせていますか?辞書引きはさせていますか?最近はなんでもパソコン調べる時代なので調べる苦労というものを子供はわかっていません。しかし一番基本的なことなのですが本に触れさせることが一番の英才教育なのです。塾や家庭教師などをつけても国語の成績があがらない、算数の問題の意味を理解できないお子さんいませんか?それは読解力の力不足からきているのかもしれません。読解力というのは簡単に身につくものではありません。時間はかかります。だからこそはやめのうちに本にふれさせ想像力をつけ読解力につなげるのです。塾や家庭教師という枠にはまらず本を読むだけなので子供からみても精神的に不安はありません。

続きを読む

12才以下の子どもに必要な補助教育

12才以下の子どもたちに必要なものとはなんでしょうか。近年では、世界各国と日本が関わることも多くなり、そしてその中でも日本独自の素晴らしい能力が目立つようになりました。勤勉で控えめで、真面目にコツコツと仕事をし、手先の器用さや、職人技は類をみないほど素晴らしいです。そして、上の意見に素直に従い、自分の意見をあまり言いません。

続きを読む